ストレスチェック

労働安全衛生法の改正に伴い、2015年12月より労働者50人以上の事業場は、年1回ストレスチェック実施が義務化されました。同様に所轄労働基準監督署長に検査結果等報告書の提出が必要となりました。
私たちはインターネットを利用した、労働者の為のストレスチェックシステムの実施とメンタルヘルスの分野で働く方々にやさしい企業環境整備のお手伝いを行って参ります。

当社の基本的ストレスチェックシステムは、「ストレスチェック」及び「結果の通知」の部分を代行するサービスです。
医師・保健師等のストレスチェック実施社業務を含んでいません。
そのため、別途実施者を決める必要がありますが、その分ストレスチェックシステム自体安価な価格設定となっています。

ストレスチェックシステムのポイント

  1. 厚生労働省の職業性簡易調査票標準57項目を利用したストレスチェックシステムです
  2. 費用効率を重視した従業員50名~1000名程度の公官庁・企業従業員向けストレスチェックシステムです
  3. WEB を活用したシステムですので、PC、スマートフォンから、いつでもストレスチェックが可能です *1
  4. 個人情報保護マネジメントシステム(PMS)により大切な個人情報を保護しつつ、ストレスチェックが可能です
  5. ストレスチェックにより高ストレスと判断された方へ、カウンセリンラー資格を持つ保健師による個別アドバイスを結果表に付記するなど、早期の面接指導を促します
  6. ご希望に応じて実施者(産業医・保健師等)のご紹介、臨床心理士、産業カウンセラーによる相談業務も承ります


*1 インターネット環境の無い職場でのストレスチェックについては、紙ベースの質問票によるストレスチェックも承ります

ストレスチェックシステムの流れ(インターネット利用の場合)

STEP
従業員への実施案内(Eメール・封書・郵送または社内便)

・ストレスチェック実施目的・趣旨の説明
・ストレスチェック実施の流れパンフレット

STEP
インターネット回答利用者情報(ログインID・パスワード)の通知 *1

*1:郵送料は原則として事業者様の負担となります

STEP
WEB 回答画面(「東京ネバーランドえひめ」HP サイト上)

・職業性ストレス簡易調査票標準57項目→回答終了でサーバーへ自動送信→集計

STEP
調査結果表の送付(封書・郵送または社内便)
STEP
部署別ストレス分析表の提出
STEP
面接指導対象者 ( 面接指導申出者 )